Show Technology2

トータルショーコントロール/(株)Mileruntechのブログ

セミナー

InterBEEチュートリアルセッション

今月、16日から18日までの期間、幕張メッセにて開催されるInterBEEにて、18日のチュートリアルセッションにおいて、90分の枠をいただきました。題して
「 舞台照明および映像表現に必要なネットワーク技術の基礎と実践 」
とまあ、妙なタイトルではあります。正直、このまんまを話すつもりは、なかったりするのですが、あまりに逸脱すると問題になるので、最終的にはネットワークの話に帰結することになるであろうと思われます。しかし、そろそろ本番も迫る中、いろいろな方々から「何を話すの?」という質問がくるので、ここでちょっとだけ、その内容を披露しておきます。予告編です。

 個人的には、映像の展示会において、照明技術と映像技術の両方で活用できるテクノロジーの話をさせていただけるというのは、感慨深いものがあります。というのも、我が社の誕生以来、一貫して追い求めているのが映像と照明にまたがるテクノロジーであり、また私がマイルランテックを設立したのも、映像と照明の合わさる未来を夢見てのことでした。

 マイルランテックが追い求める分野は、最終的にはトータルショーコントロールの世界であり、そのプラットホームはネットワークになるという考えです。それはもしかするとACNのような照明業界の技術になるかもしれないし、AVBのようなオーディオからくるテクノロジーもそこに加わるかもしれないと。

多くの場合、照明は照明だけで完結しようとし、映像は映像で完結しようとする考えは、もう古いと思うのです。ネットワークを構築する上で、そこにRS232, RS422, そしてMIDI, I/OとてOver Ethernetが可能である。であれば、将来にはショー制御のための共通のネットワークが利用できるかもしれないと。そして、トータルショーコントロールの技術は、非常に重要なものになるであろうと、そんな話を18日には披露したいと考えております。 

対象者は、リアルタイム制御の映像に興味をもつ映像業界の方、イーサネットを使うシステムに興味のある照明の方、そして今後、映像セクションの確立が必要となった劇場関係者の方が対象になります。
さて、どんな話ができるか、自分でも楽しみです。

今は、残念なことに、前日のシンポジウムの準備に忙殺され、何も準備ができないでいるというのは、誰かの企みか?と疑ったりしながらも、必ずすばらしいチュートリアルセッションを完成させて、いい意味で期待を裏切ってやろうと思っております。



InterBEEにおけるチュートリアルセッションの中身

人前で難しい講義をする立場ではないことは重々、承知した上で講師をお受けしたわけですが、さすがに事務局の方も微妙な顔をされていたのが記憶に残ります。

余談はさておき、内容については与えられたテーマに沿って「映像さんにも使いこなせるアートネット」とか、「使うと便利アートネットとコントローラー」みたいな内容でいいのではないかと思うのです。
イーサネットの基礎と銘打っても皆が聞きたい内容はそこではないし、もっと具体的にDMXではなくアートネットのようなプロトコルを活用する方法のほうが受けがいいのではないかと感じます。

 照明業界の中には、アートネットじゃなくACNだとか、アートネットは重いとかいろいろ言う人もいますが、メディアサーバーも、イベント用プロジェクターも、そして安価なiPhoneのソフトもすべてがアートネットをサポートしており、加えて大量のLEDをドライブさせるピクセルマップの手法を使うにしても、ほぼすべてがアートネットを活用している現実があり、そこはメーカーの思うようには市場が動かないということの証明でもあり、また完璧ではないプロトコルでもちゃんと使えるという事実でもある。

 そんなわけで、今ではほとんどの照明コンソールが出力するアートネットとその中身であるDMXの仕組みと歴史、そしてその簡単な仕組みを解説してからこれを活用する方法について述べてみたいと思います。

 正直、いつもの照明業界における講義とはことなり、完璧なるアウェーな状況だと思っております。これまでは、ご協力いただける多くの照明業界の方々がいらっしゃいましたが、今回はそれも期待できず、もしかしたら人が誰も来ないという状況になるかもしれませんが、アシスタントのVJさん(FujiロックなんかでもVJをやってる人ですが、お手伝いをお願いしてます)とも協力して、よりよい内容の90分に仕上げたいと考えております。




InterBEEにおける照明分野の関わり

InterBEEのコンファレンス情報が公開された。この中で私は17日と18日に登場することになっている。
本音を言うと、この展示会に出展者としてブースを出すこともあり、また、映像業界の方々を対象に、何を話せばいいのか、まったく見当もつかなかったこともあって、18日の90分枠はお断りしていたものの、強い要請があって、承諾することになってしまいました。


17日の映像シンポジウム
http://www.inter-bee.com/ja/conference/content_forum.html#A17-1
18日の映像セッション
http://www.inter-bee.com/ja/conference/tutorial.html#A18-2


17日のテーマについては、デザイナーの佐藤氏と相談することになっており、まだはっきりした事が言えないものの、大きなテーマとしては舞台空間における映像演出についてとなるのでしょう。

18日のテーマとしては、『舞台照明および映像表現に必要なネットワーク技術の基礎』と書かれているので、そのまんまDMXのネットワークによるディストリビューションについて話すことになろうかと思います。

 最初、劇場空間のネットワークシステムを構築する上で、最近は光ファイバーを利用することが増えており、その場合に光ファイバーであれば映像も分配できるので、映像分配も考慮した光ファイバーの拠点(L2スイッチのリングトポロジーの配置)をお話しようかとも考えていたのですが、それだと内容がナローになりすぎるので、今回は与えられたテーマのまま、映像さんにも役立つDMXの活用方法とまた、それらをイーサネットで分配する方法、またライブ空間、演出空間におけるイーサネットスイッチやその他の機材選択についてお話しようかと考えています。

ただ1つ心配なことは、こういう内容で、どれだけ人がくるのだろうか?という点です。なにしろ舞台業界以外では、無名の私のトークですから、余計に心配してしまいます。
照明業界の人はすでにDMXやそれを分配するネットワークシステムについて、ある程度理解はしているだろうし、すでに何度か同じようなセミナーを行ったこともあります。しかし映像業界の場合、一体、どれだけの人がDMXやアートネットに興味をもっているか?そしてそれを必要とするか?については疑問ではあります。(しかも有料です。。)







大阪でのセミナー

8500cb80.jpg  しばらくぶりのブログ更新ですが、今週15日に、大阪で照明制御のネットワークシステムについて解説させていただきました。昨年、名古屋でメディアサーバーの解説をして依頼、久しぶりのセミナー講師です。今回のテーマはネットワークシステムについてです。皆さんお忙しい中、思ってた以上に人が集まり、正直、ホッとしました。 今回、かなり詳しくテキストも作りましたので、会場に来れなかった方も照明家協会大阪支部NGCを通してテキスト3部を手に入れていただければ、このセミナーの大まかな内容がわかると思います。 人前で話すのは、なかなか緊張もするので、自分の言いたいことがすべてうまく伝わったかどうかわかりませんが、自分としては、なんとか一通りご説明できたのではないかと感じています。内容が内容だけに話が、地味になりがちで、また専門用語を連発したため、難しいという印象をもたれた意見が多かったようですが、今後はさらにわかりやすさを目指して工夫したいと思います。もし他の地域でも、このようなセミナーが必要であれば、喜んで伺いますので、よろしくお願いします。  今後、劇場やホール設備だけでなく、照明機器の制御にはイーサネットが主流になっていくと思います。(これだけは間違いありません) これを機会に大阪の多くの照明さんたちが、照明分野におけるネットワークシステムの知識を皆で共有したり、またDMXの頃と同じように、興味をもっていただけたらうれしい限りです。 このセミナーを主催していただいた関係者の方々とまた、ご来場いただいた方々には、重ねてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
プロフィール

mrt_usami

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ