Show Technology2

トータルショーコントロール/(株)Mileruntechのブログ

照明

LEDの時代

congowithLED

 つい先日、まさか照明機材をテストする機会に出会うとは、思ってもいないことでしたが、ご縁があって久しぶりに照明機材をパッチして、デバイスデータを作り、さまざまなLEDをテストしました。卓をつかって照明機材を制御したのは何年ぶりだろう。。

最近のLEDは以前よりもカーブがきれいになったんだなという印象とまた、色のまざりもきれいな印象で、ずいぶんと進化したんだなあと一般の人みたいな感想しか出てこないのはお恥ずかしい限りですが、個々のメーカー名をだして言及することはしたくないので、おおざっぱな表現で説明します。

個人的にはRGBのつぶが分離しているものよりは、1チップのトライカラーになったタイプのほうが見た目にきれいだし、今時な印象です。カラーはやっぱりRGBWのように4色ないしはAを加えて5色あるほうが断然きれいな色が出ますね。昔、5色のLEDが普通になると、コントローラーのカラーピッカーも進化してサチュレーションにWやAを加えて薄い色を作るときに自動的にミックスしてほしいと思いましたが、そういう機能を搭載した卓は、自社製品に7色のLEDをもつ企業のみで、他は追従せずですね。その代りFixtureのカラーパラメーター内にLEEカラーの番号で分類されたミックスカラーがあって、1つのパラメーターを操作するだけで、好みの色が出てくるようです。(ムービングライトのような高価な機材の場合です)

そのムービングライトの最新機材の中に、レンズ面の色とビームが異なるカラーになる製品がありましたが、これはとてもおもしろいです。バックライトとなるカラーと照射されるビームカラーを異なるカラーで見せることができるというアイデアは、最初はあまり期待してなかったものの、正直、かっこいいなと思いました。調光カーブもきれいで見せライトとしてみてもすごくきれい。

また、同様に新しい機材で、ゾーンエフェクトと呼ばれる外周から内に向かって複数のエリアに分離して制御のできる機材もかっこいいです。外周のリングがブルーで中心のビームに赤のような印象の光が出てます(Washなんでそんなうまくいかないですが、絞ればそれなりに)レンズ面のきれいな色彩は、これもオーディエンスに見せるときれいだろうなという印象で、しかしいろいろ考えるもんだと感心します。

ムービングライト以外では、大阪方面から出てきて全国区で売れているという全天候型のLEDPARとか、BAR型のLEDなど、一般照明器具のLED版も数多くあり、何を選択しても今はLEDになるんでしょうね。これだけの機材をうちの事務所で一斉テストしてブレーカーも落ちないのだから、やはりLEDは電力面でも魅力的。Washライトは間違いなくLEDにリプレイスする時代ですね。今から選ぶならRGB+W or AのRGBプラスアルファの製品がおすすめです。ただ製品によってまた、購入時期によってLED素子のばらつきがあるそうなので、計画的な購入が必要のようです。勉強になりました。





LumenRadioのワイヤレスDMX

2009年、PLASA Innovation AwardをとったLumenRadioは、それ故この手の輸入代理店の人がすでに知った存在だったと思う。あれから3年、最近、注目が集まるルーメンレディオ社の製品について、いまさらワイヤレスDMX?という疑問とともに解説します。

 自分とLumenRadioとの出会いは、ルーメンレディオがPLASA Awardをとったまさにその会場で、W-DMXの代理店をしている人から紹介されたのが最初だった。まだ小さなブースで、派手さもない非常に素朴で控えめな現在のCEOとCTOの2人とスウェーデンに留学中だった中国人の青年が説明を行っていた。

その当時から彼らの製品は、完成されたRDMモニターのソフトを持ち、非常に安定した動作をしていたため、強く興味をもったものの、当時の自分はLuminexのネットワーク装置に夢中で、過去に経験したワイヤレスの苦い経験も手伝い、気持ちは微妙だった。さらには電波を使う装置ということで、おそらく他の方々同様に電波法の認可申請の煩わしい手続きに、仕入れを躊躇したのは事実だ。

そしてまたワイヤレスDMXというすでに国内では十分にコモディティー化した感のある製品を前に、代理店となることを決めかねていた。それから2年の歳月が過ぎ、ようやく覚悟を決めて電波法適用に向けて動き出したのが昨年です。その間にもLumenRadio製品はOEMという彼らのコアビジネスで拡大を続け、あっという間に世界的なワイヤレスDMX専門企業へと躍進していった。そのため、今では他のFixtureメーカーからも販売が可能になるとか、他の輸入販売代理店さんが手がけるつもりだという話をちらほら聞く。果たして今後のLumenRadioの方針がどうなるかであるが、現在のところマイルランテックは、彼らの正式な日本の代理店となっている。

 さて、なぜこのワイヤレスDMX装置をてがける気になったかというお話ですが、ネットワークプロトコルをサポートするワイヤレスDMX装置が、当社の他の製品の補完となる点とまた、その技術のすばらしさに、どうしても関わりたくなったというのが本音です。個人的には、電波に関しての知識はこれまであまり勉強してなかったこともあり、やや苦手な分野ではありますが、LumenRadioの周波数ホッピングのための特別なアルゴリズムがすばらしいくらいには理解できるし、またそれがISM帯域の混雑した日本の環境において非常に有効であることもわかります。

LumenRadioが採用するFHSS(周波数ホッピング)という仕組みは、もう1つのスペクトラム拡散方式であるDSSよりも確実な通信が可能だと思う。普通のスペクトラム拡散方式が、5MHzごとに中心周波数を定義して周波数帯域全体を13chに分割し、その中から1つのchを決めて送信するのに対し、FHSSでは1MHzごとに、つまり1スロットごとにランダムに周波数を切り替えるため、たとえ他の電波とぶつかってもほとんど影響を出さず、安定した通信が行える。 (詳しくは当社の解説ページ

FHSSは特別な仕組みではなく、多くのワイヤレス機器で使われているものだが、どの程度ランダムにまた、高速に切り替えるかの技術こそが彼らのオリジナルであり、それが優れているからこそ、多くのフィクスチャーメーカーから採用されるのだろう。そして同時に彼らの製品がネットワークプロトコルに対応しており、複数のユニバースをネットワーク経由で受信し、その中から任意のユニバースを選択して電波で送信できる。このあたりもマイルランテック好みだったのは言うまでもなく、まさに琴線が揺れたポイントでした。





屋外用のワイヤレス

outdoor P1000592

 InterBEEで展示予定のLumenRadioの製品に屋外用のDMX送信/受信機がありますが、写真のとおり
水没してもアンテナさえ水面から出してあれば、問題なく送受信できます。

この屋外用の装置は、リピーター機能も持つため、複数の装置を経由してkm単位で距離を延長できます。このあたりが屋外向けらしさでしょうか。

LumenRadioの良さはネットワークとの親和性だけでなく、受信機のスイッチを押すだけですぐに電波を受信し、送信機と接続される簡単さや、また接続が行われるとネットワークに接続した送信機だけでなく、電波を受信する受信機もSuperNovaという設定用ソフトに表示され、モニターすることができるという取り扱いの容易さです。正直、よくできてるなと感心します。






ワイヤレスDMX

lumen radio11

 今年のInterBEEに展示しようと決めた弊社取り扱いの新製品がこのワイヤレスDMX装置です。
もう1年以上もの間、やりとりが続いてきたこのワイヤレス専門カンパニーの場合、そのテクノロジーの素晴らしさに、売れるかどうかよりも、マイルランテックで取り扱いたい!と強くおもってしまいました。

しかし、日本の電波法の厳しさは、こうしたワイヤレス製品輸入にとって大きな障壁で、長らくその1点のみで、この商品取り扱いの決定が前進しませんでしたが、今回ようやく機種を限定し、最もコストパフォーマンスの高い送信受信の両方に使える写真のFXとまたアウトドア専用ワイヤレス製品の2機種が申請中にあります。よって弊社では、同社製品のすべてを取り扱うわけではありませんが、選定した機種はもっともコストパフォーマンス及び機能面で優れたものになるだろうと考えています。

 おそらくこのニュースは、これまでワイヤレスに否定的だった私がなぜ今、ワイヤレスを?という疑問を与えるのではないかと予想しますが、もちろん今もワイヤレスそのものに完全な信頼をもっているわけではありません。しかしながら、例えばシステムの一部をワイヤレス化することを否定するものではないですし、またどうしてもワイヤリングが不可能な場所もあるわけで、そうした中で、よりよい製品を提供することは重要なことであろうと思うのです。

そして、私を強く惹き付けたこの製品の良さは、あらゆる照明用のイーサネットプロトコルをサポートしており、例えば送信機側でアートネットを受けた時、その中の一部のユニバースを電波で送った先で、今度はsACNに変換して出力ということができ、これはつまりネットワークプロトコルのトランスレート装置にもなり得る点が非常にユニークであるし、またネットワークシステム専門を掲げる弊社にマッチした製品だとも思いました。この製品が多くの現場によりよい効果を与える事を願っております。

* 許可申請が完了した時点で、デモ機材の貸し出し等を行って参ります。

Luminexの展示用ラック

8496545b.jpg  Luminex製品の展示とテスト用に専用のラックを組んでみました。今年の11月頃には展示会で披露する予定ですが、今はまだ製作中です。これまで、個別に展示したりいろいろと組み合わせての展示だったのですが、光ファイバーも含め、こののっぽのラック1つで完結したい考えです。 ラックにはモニター用のPCもセットアップ予定で、展示の際はLuminetMonitor2とともに、Luminexシステムの世界を皆様に解説できればと思っています。

ノードの定義

 Luminex製のDMXノードと呼ばれる製品は、複数のアートネットストリームをマージすることができる。 つまり複数のDMXユニバースをミックスできるのである。それはHTPでもLTPでも可能であり、これはまたどちらかのソースを優先として切り替えることが可能である。つまりDMXのスイッチとでも言うべき機能があります。  最近、注目されるsACNプロトコルにも、これに似たプライオリティー機能があります。ネットワーク上に入る段階で、個々のユニバースにプライオリティーをつけることで、その数値により、どちらのストリームを優先するかを決められるというもの。つまりは、DMXユニバースの切換えが自動で行えるということになる。  DMXノードは今やいろいろ多機能な時代に入っており、DMXとイーサネットプロトコルのゲートウェイという機能にはとどまらないのである。そこで、私は以前、これらの機能をサードパーティー製品であるルミネアーというiPhoneソフトを使う方法で案内したつもりだったが、そのブログ記事で、ノードの使い方がおかしいという指摘をいただいた。 iPhoneとiPadで照明チェック  しかし、その指摘の意味がわからいので、ここでノードの定義について、書いておこうと思う。 そもそも、ネットワークの世界でノードというと、接続ポイントとなる機器をさす。例えばL2スイッチや、ホストコンピューターなどもノードである。この接続点としてのノードという言葉と、ステージ産業におけるDMXノードが同じ言葉なのに、意味が異なる点で混乱が生じるのだろうか?  ステージ産業におけるDMXノードは、DMXのゲートウェイとしてのノードということになる。それは双方向の変換という意味。DMXをネットワークに入れる為の装置、又は出力するための装置です。  指摘を受けたブログ記事は、そういうシンプルな使い方だけでなく、このノードで複数のネットワークストリームをマージすることができるのだから、iPhoneのようなソフトを活用すると、コンソールからでもiPhoneからでもDMX機器を制御できるので、便利ではないか?という提案だった。文面を読んでもノードで何かを制御しようなどとは書いていない。あくまでマージのシステムが組めるよと書いているのである。さて、何がおかしいのだろう?

動くだろうかステージ照明のアーリーアドプター

d14ccd82.jpg  今月は製品マニュアルの作成にほぼ事務所に缶詰状態のため、精神的にきついです。この取り説作りというのは、想像を越える地味さなんです。 さて、昨日からテストを続けていたDMXのノードを出荷しました。このイーサネット製品については、これまでどうにも動きが出なかった商品で、ごくわずかなイノベーター的資質をもった人が導入したりすることが多く、これをキャズム理論的に言えば、まだ実質的にはアーリーアドプターが手にしている状況にはないと思う。 しかし、今年はアーリーアドプター的な人々が導入を開始するのではないかと私は考えているのです。実質的に使えると判断した人たちがこれを導入するようになってはじめてその後に続く人たちが導入を考えてくれるのでしょう。その境目になるだろう記念すべき出荷が今日なわけです。

スプリッターもリニューアルする?

60652262.jpg  いくつかの方面からオーダーをいただいたDMX512Aの(1990じゃないですよ?もう。。2002です)10ポートスプリッターのテスト中です。青いLEDがなんともクールですね。スプリッターってなかなかリニューアルする機会がないかもしれませんが、そろそろDMX512Aに変えて行く時期なのかも。。というのはちょっと一方的な論理ですね。 私としては、もうDMXの時代ではないと考えているので、スプリッターはそろそろノードに置き換えられるのでは?と考えているのですが、Luminexのほうでも、あまり売れなくなってきてたので、実は在庫がなく、今回の注文であわてて、製造にGoを出したようなんですね。スプリッターがまだ売れるのか?と昨年は疑ってましたが、日本はまだまだスプリッターが大量に必要なのかもしれません。 これはある照明さんから言われたことなんですが、このスプリッターにはバッテリーが入っているので、もしスプリッターがつながる電源が抜けたり、ダウンしても、例えばムービングライトがリセットせず維持してくれるので、すごく便利だよとのこと。 しかしまた別の照明さんは、バッテリーなんかなくてもいいから、もっとシンプルで安いものがいいとのこと。 それぞれが関わる現場によって意見や立ち位置が変わるのは仕方ないことですが、もしDMXをメインにこれからもやっていくのであれば、やはり大事な照明コントロールの要ですから安価なスプリッターとかを平行輸入したりせず、安心できるものをつかって欲しいと思います。確かにいまや特別な装置ではないので、楽器屋さんなんかでも販売してるかもしれないですが、照明制御の要となる製品だけに、少し気を遣ってほしいところ。。
プロフィール

mrt_usami

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ