Show Technology2

トータルショーコントロール/(株)Mileruntechのブログ

映像

MACminiで30ユニバースPIxelMad

以前から解説しているとおり、Catalystを使うと画面のピクセルをDMXレベルに変換して出力することができます。これを一般にはピクセルマッピングと呼んでいます。
出力はアートネットとなり、このアートネットのジェネレートには、意外にCPUパワーを消費します。また、これだけのブロードキャストパケットとなると、受け取るほうも大変なものです。

よって、出力するほうでもDMXのリフレッシュレートがドロップしたり、また後半のほうのユニバースでドロップが起こることで、映像でLED器具を動かしていると、ドロップしたユニバースの分かれ目となる後半のほうで、ズレが確認できることとなります。これがよく皆が言うアートネットの遅れというやつで、しょぼいCPUだと見事に後半の半分のほうで遅れがでる。で、MACminiだとどうだろう?というテストなのですが、昨年のモデルで試したところ、全体に6〜7フレームのドロップがありますが、後半の極端な遅れはないようです。

ちなみに、これを受信するDellの一般的なPC( Core2Duo)などのPCでは20ユニバース以降は、ほとんど受信できません。これはブロードキャストパケットを処理するのにCPUパワーが足らない現象だと思います。そこでモニター用のPCをMACPRO 8Coreに変えて試すと、35ユニバースすべてが受信でき、すべてのユニバースで25〜26fpsであることが確認できます。アートネットのブロードキャストは、出力するほうも大変ですが受けるほうも数が増えると大変だということですね。しかし、Luminexのノードでは、こうした問題はなく、どれだけ送りつけてもきれいに処理してくれます。

26fps等の速度については、若干、一般的なコンソールよりも遅いレベルですが、さほど大きな問題にはならないと思います。これが一部8fpsとかにがくんと落ちると問題ありですが、しばらくチェックした感じでは、そういう大きな遅れもないため、MACminiでもアートネットのジェネレートは35ユニバースくらいいけるという答でいいと思います。(おそらく受信側にするとダメだと思いますが)

しかしながら、もしアートネットの遅れなどが発生した場合、カタリストでは255.255.255.255のフルブロードキャストになっている設定を個々のユニバースでユニキャストにすることができるので、それで回避することは可能です。





6出力は、MACPRO 1台でいけるのか?

6panelCatalyst

 最近、よくある相談に、6面のプロジェクター映像送出とか、9面の出力を行いたいが、MACは何台でいけるのか?といったことがあります。

 当然ながら1台のMACで、できるだけ多くの映像を出力できれば、コストは抑えられるわけで、多くの人が、マトロックスのTH2Gを2個つないで6面の出力をしたいと言うわけです。しかし、TH2Gは魔法の箱ではなく、3840×1024という巨大なモニターがそこにあるよとMACに教えてるに過ぎなくて、実際の画面描画はすべてグラフィックカードでまかなうわけだから、TH2Gを2つつなぐと、MACは7680×1024の巨大な画面を描画することとなり、それは相当な負荷であろうと想像するわけです。

そして、結局どうなるか不安だから、納品する側としては、ついMACを増やした方が安全ですよ。と言いたくなる。というのが私の立場だったりします。。しかしそれでもやりたいというお声をいただき、ましてやそのお客さんは、Congoというリモートコントローラーをお持ちなわけだからCatalystの制御画面は必要ないとなると、6面出力やりたくもなりますよね。わかります。

ということで、長い前置きでしたが、MACPROで完璧に6出力は、できるのか?できないのか?と、それを検証するとともに、機材納品をしてきたのが本日のお話。

MACのスペックとグラフィックカード

標準的なMAC Pro 8Core 2010 mid 
グラフィックカードはQuadro4000 for MAC
TH2G デジタル版を2個と4:3のモニターを6個用意して、検証開始です。


Quadro4000を選んだ理由には、MACPro標準のATI5770 & 5870で、Th2Gを使うと画面が崩れて、何度かUSBを抜き差ししないと認識しないとか、外国の人が言うマルチ出力は、よくないと言ったネガティブな意見があったためで、しかも相当なパフォーマンスが必要だという認識から、これ以外には考えられなかった。(5870で6出力してる人もいますが、自信がなかった)

 Quadoro4000forMACは、DVIポートとディスプレイポートがついてます。このディスプレイポートはMACでよく見るミニディスプレイポートではなくフルサイズのDPです。
ただ箱の中には、DisplayPort>DVIのケーブルと、ディスプレイポート>ミニの変換もついてます。
(このDP>miniDPの変換は市販されてないですね。普通の量販店では)

最初は付属のディスプレイポート>DVIの変換を使って、TH2Gをつないだのですが、これだと最初、うまく認識せず、マトロックスのコントロールパネルから解像度設定を操作しているうちに、認識するようになりますが、DVIポートが3840×1024までの解像度が選択可能なのに、ディスプレイポートからの出力画面では、なぜか2400×600までしか選択がありません。あれこれ設定をしてもダメなものはダメ。

そこで、DualLinkのDVIが必要なんだろうなと仮説をたて、ディスプレイポートからDualLInkのDVIという変換を探すも、まったく見つからないため、仕方なく1万2千円もするAppleで販売しているDualLinkアダプターという製品を購入する。これはミニディスプレイポートのタイプなので、Quadroに付属するディスプレイポートからミニディスプレイポートへの変換を利用して接続する。

 最初、画面が崩れて正常に描画しないので、USBを抜き差し(このDualLinkアダプターはUSBのバスパワーを利用する変換ボックス)して認識させると、2400×600で正常に表示するようになる。一度認識すると、次回からちゃんと2400×600で立ち上がってきます。しかし、DVIポートのTH2Gだと3840×1024の解像度選択があるのに、ディスプレイポートのほうは、DualLinkアダプターを利用しているにも関わらず、2400×600の固定である。それ以上の解像度が表示されない。

なかば諦めかけていた頃、マトロックスのアイコンをクリックして表示するいつものコントロール画面ではなく、ChangeDisplayを選ぶとダイアログが表示され、2400×600と3840×1024の選択ができるため、3840×1024を選択すると、ディスプレイポートの出力画面も3840までの選択が可能となった。

それ以降はスムーズです。起動しなおしても、3840×1024の2画面できっちり動作しています。やはりDualLinkアダプター(アップルで購入する)がないと、ディスプレイポートの出力は3840 × 1024の最大解像度が設定できないらしい。そしてその認識にはマトロックスアイコン(MACの上部タブに表示されている)をクリックして出てくるメニューからチェンジディスプレイを選び、解像度を設定、一度設定したら、次回からMACは3840×1024の2画面を正常に表示して起動してきます。

Catalystを利用して、サブミックス6個をそれぞれ、オフセット−5, -3, -1 +1. +3, +5に設定すると1280×1024の画面が6つ横につながり、巨大な画面が構築できました。映像を再生したり、横にスクロールしてみたりしても問題はなく、ズレや乱れもありません。映像の再生もなめらかな感じです。
こうして本日のテストでは、MACPRO 8Coreで6面出力は問題なくできるという答えが出た訳です。
必要なものはDualLinkアダプターである。個々の出力の最大解像度は1280×1024、設定変更はマトロックスのメニューからチェンジディスプレイを選択して解像度を指定する。

今回、利用したカードはQuadro4000というもので、DVIとDPの異なる2つのポートでしたが、今後はミニディスプレイポートが主流になるのかもしれません。そうするとTH2Gもディスプレイポートバージョンをメインに利用することになるのでしょう。DPバージョンだとすなおに3840×1024で認識するようですし、DVIは消える運命になりそうなそんな予感がします。
今日はいい勉強になりました。(そして授業料もそれなりに)





PixelMadについて再テスト

IMG_1832

 Catalystの1つの機能になっているPixelMADは、元々は単体のソフトウェアだった。それがVer4の時代からカタリストに統合されたものである。それで今のカタリストはCatalystPixelMadというわけです。この話は以前にも書きましたね。。PixelMadの可能性

このPixelMadという機能は画面に表示される色をDMXのレベルに変換するというもので、これにより照明(特にLED)を映像を使ってドライブできる。他ではピクセルマッピングとか、ピクセルマッパーなどと呼ばれるものだ。しかし、その後のLEDスクリーンの台頭で、わざわざDMXに変換するのも面倒だとなり、使われなくなって。。。と思いきや、実は建築照明分野や最近のグリッド形状の照明器具などの流行で、見直されているという印象を受ける。

よくある(日本だと少ないか)ビルディングのファサード照明とかは、このPixelMadを使うと非常に簡単に色を変えたり、思い通りの色変化などを見せることができる。なにしろ映像を再生するだけでよいのだから、プログラムは非常に簡単である。高画質な映像は必要ないので、MACへの負荷も軽い。以前のテストでは、75ユニバースぐらいは楽々流してくれる。(このあたり想像つかないかもしれませんが、Art-netで75ユニバースってなかなかHeavyですよ。。なにしろブロードキャストデータですから。。)これだけのユニバースを大量に送りつけられたら、弱っちいノードだといちころなんじゃないかと思いますが、Luminexは淡々と出力を続けています。75×512ch=38400ch RGBFixtureなら12800台ということですね。。

(CatalystProは10ユニバースがデフォルトです。さらに出力Chが必要な場合は、10ユニバースごとにライセンスコードが必要です。)


この映像と照明の境界にいると、どうしてもMediaServerが登場するのと、Artnetの話は避ける事ができません。実際、海外のビルディング照明なんてArtnetかDaliだろうし、いやMediaServerが出力するのはほとんどがArt-netだから、こういう演出をしたらArt-net基本でしょうね。いくらブロードキャストで重いからと言われても、みんなやってますよね香港や上海、ドバイなんかでね。そこで必要になるのがタフなノードになるんですが、そういう意味ではLuminexとCatalystなんてベストな組み合わせです。
もちろんそれを理解できたから5年前から取り扱ってるわけですが。

さて、本題に入り、最近RGBWで色混合ができるか?という問いがありましたが結論はできないです。画面の1ピクセルの色をRGBフィクスチャーにDMXデータにして送る事が基本で、画面のピクセルにはWの概念はないですからね。WhiteはRGBフルになるわけで、照明のようにWとかAmberの概念は残念ながらないんですね。よってWを使う時は、別の画面にして使い分けて欲しいです。白黒の画の時はIntensityのみのFixtureを使用し、カラー画像の場合はRGBを使うなど。。このあたりDMXのパッチの
概念が必要なので、こういう機能を使うのは基本的に照明さんと電飾さんになるんでしょう。しかしながら、おもしろい機能だし便利なので、映像業界の方も是非使ってみて欲しいです。





Catalystの販売代理店方式への転換

これまでCatalystソフトウェアについては、当社からのダイレクト販売のみで、対応して参りましたが、今年からは、特定の企業様にご協力をいただき、販売チャンネルをいくつかのルートに固定化しようと考えています。これはCatalystに限らず、Medialon製品やConnex社のファイバーケーブルなども同様に検討しています。

(Luminex製品については、すでに特定チャンネルでの販売を行っておりますが。。)

マイルランテックでは、海外の優れた商品のご紹介も1つのビジネスにしておりますが、元々、そうした輸入販売のみを主業務とするつもりはなく、またこうした製品の販売業務に関しては、当社の力不足もあり、あまり多くのユーザー様にリーチできているとは言いがたく、こうした点をふまえると、それぞれの分野で、より多くの企業様と協業させていただいたほうが、結果的にエンドユーザーの方々の利益にもなると考えるようになりました。そこで、当社製品をより多くの方々に使っていただくためにも、数多くの販路を持ち、当社製品に魅力を感じていただける企業さまと共に、販売業務を展開しようと思う次第です。

今後は各方面で、いろいろなお願いを申し上げるかもしれませんが、何卒、よろしくお願い申し上げます。また、これまで以上に多くの方々に当社製品をお届けできるよう、今後も販売努力を続けて参りますので、何卒よろしくお願いします。

CatalystからRS232のコマンドを出力

nPort

 以前から設備案件では提案していたことですが、Catalystからプロジェクターのシャッターコントロールをしたいという要望があり、MOXAのRS232シリアルデバイスサーバーを使ってプレゼンすることになりました。

外国の人が言う、「自分はMOXA製品で動作検証したことがある」という情報をもとに、当社のCatalystページでもリンクを張ってたわけですが、実際のところ自分で買って試したことはなかったのは、問い合わせもなく、しかも決して難しいことではないので、まあ買って試すほどではないかと。しかし今回は、Catalystも導入予定にあり、その機能が不可欠となると、実演しないわけにはいかないということで、テストとなりました。

MOXAのシリアルデバイスサーバーは、LANで接続した環境で、ウェブブラウザーを使って簡単にセットアップでき、単純にコンピューターのTCP/IPのポートを利用してRS232コマンドを受け取ることができます。きわめて簡単です。

Catalystのシリアルトリガーの欄でTCPポートを追加し、デバイスサーバーのIPとポートを指定します。次にシリアルトリガーの各欄で、コマンドを記述する。これだけです。これを今回は卓から実行したいということでしたので(映像がフェードアウトしていき、最後にシャッターも閉まるようなCue)、DMXの1chを利用してこれをパッチします。マニュアルにも書いてはありますが、より詳しい方法については当社のフォーラムで解説したいと思います。こういう機能があるからCatalystは、カタリストらしい役割を担うことができるわけです。



Catalystの復活

Catalyst2012

また映像の話です。最近、Catalystに関する問い合わせや業務が増えていることを受けて、Catalystの需要が高まっている。というお話。

ヨーロッパではツアー現場においてCatalystの需要は高いです。(Luminex社の情報)加えて劇場での使用率も実は非常に高い。こちらの情報はあまり外へ出ないが、これも正しい。(UKのCatalystプログラマーの情報)もちろん他のMediaServerの使用率も高いですが、ここではあえて触れません。当然といえば当然ですが、よそ様の製品の話はしないほうが無難なので。。

最近、日本でもCatalyst指定の外タレ現場はよく聞く話で、そこからもCatalyst人気の高さを感じ取ることができる。そして日本では、すでにCatalystプログラマーが数多く活躍している状況があり、その良さが多くの人に認識されてきているのではないだろうか?とまあ、こう書くと、販売側という立場が故に、どうしても宣伝ととらえられがちですが、そういう立場を抜きにして自分も単あるファンだと思う。これ自体をコアビジネスにしているわけではないし。。

さて、当初、世界的に有名な照明機器メーカーから販売されたCatalystだった故、当時の派手な宣伝などで広まった印象がそのまま残り、その頃と比較してひっそりしてしまったために、おそらく多くの日本の業界人からは、カタリストは終わったと思われてしかるべきだろうと思う。昨年、フランクフルトで、Catalystの販売もやってると話すと、ヨーロッパの他のメーカーや業界の人からCatalystってどうなったの?とかまだ続いてるの?と聞かれるくらいだから、日本の舞台関係者の人たちが皆、そう感じても自然かもしれない。

しかしCatalystは元気なのである。コアなファンを獲得し、凄腕のプログラマーたちの熱烈な応援で、マス広告を大量にばらまく巨大な企業に販売を委ねなくても、現代の個と個が直接つながるソーシャルネットワークなどにより、ファンを拡大している。まさに現代的な広がりをCatalystはしていると思う。もちろんその熱烈な支持を受ける理由は、Catalystがすばらしいソフトだからに他ならず、そのきわめて安定した動作と映像クオリティーの高さ(これはクイックタイムテクノロジーによるところが大きいが)には非常に安心感があるが故、多くのプロが選択するのだと思う。

 昨日、CatalystのVer4.5はありますか?という問いがありましたが、現在のVerは4.4です。そしてこれがカタリストらしさというかリチャードらしさでもあるけれど、現場のニーズに合わせて、カスタムデザインのバージョンをこっそりその人だけにわたしたりする。(特にXLVideoは最新Verをもってる)
そしてず〜っと前からアートネットで動くし、ピクセルマッピングもできて、4kサイズのファイルを再生する能力を持ち、マトリクスアウトのような概念のマルチレイヤー、マルチアウトの機能を持つ多機能なソフトウェアなのです。

今後、起こりうる事は、Catalystプログラマー(MediaServer)の不足と、そのスキルを持つ人材の価値上昇だと思う。昔のムービングライトオペレーターのようなユニークな存在になるのじゃないだろうかと自分は感じています。B社のアンコールとCatalystの操作技能に加えて、なんらかのDMXコントローラーが使えて、デザインに深く関わる映像出しができて、映像編集のスキルをもつ人。そんなイメージです。当社はそういう人を応援したいです。




メディアプレイヤー

P1010414
最近の映像コンテンツ再生というと、クイックタイムやWMV、MPEG2といったファイルベースのものを再生することがほとんどになりました。またこれに加え映像がより演出に絡むようになると写真イメージの再生なども加わり、映像再生は非常に多様なメディアを扱うことになるわけです。
(この表現は、ステージ中心のお話ですので、ご理解のほどを)

そうした時にマルチメディア再生装置というのは便利で、MedialonのMIP-HDというのは手軽な再生装置になるのではないかと今にして思うのです。(この製品も昨年の目玉商品だったのですが。。)

 元々この装置はデジタルサイネージ向けの装置としての意味合いが強く、当社でもこの装置はその方面への売り込みが中心で、これまであまり宣伝をしていなかったというのもありましたが、最近になり、大手の映像レンタル会社さんから声をかけていただいたので、もしかしたら使えるのかなと思うようになりました。

MIPHDは、SSDを搭載した汎用メディアの再生機で、WMV, MPEG2/4,MOV, Flash, HTML JPEG, TIFF, BMPなど多様なメディアを最大1920×1080の解像度で再生できます。ブラウザーからアクセスして、直接メディアを再生することもできるほか、デジタルサイネージプレイヤーっぽく、シーケンスを作り、指定した時間で再生するスケジューラー機能を持ちます。

キーボードとマウスを接続するか又はタッチスクリーン画面にしておくと、HTMLファイルなどを再生した際に、インターネットの表示なども可能になります。このあたりがサイネージ向け製品の香りがしますね。

しかしながら、これにMedialonのショーコントロール製品などを接続することで、ショーコントローラーのタイムラインから自由にメディアを選択してプレイすることができ、さらにはMIP-HDのRS232ポートから任意のコマンドを出力することもできるため、MIPにつながるプロジェクターやモニターの制御も可能になります。そして複数のMIPを使う場合は、同期モードにすることで、ネットワーク上にある複数のMIPが、そのうちの1つに指定したマスター機と同期して映像を再生するようになります。(この場合、マルチメディア機能は無効で、あくまで動画の再生のみになります。)

HDサイズのマルチメディアプレイヤーとして、Medialonのショーコントローラー製品とセットで、いかがでしょうか?お問い合わせお待ちしております。

MIP-HD 解説ページ



DVIを光で延長という宣伝

CMV

 以前、このブログでは単なる機材の宣伝はやめます。と言っておきながら、ここにきて、自社のブログで自社製品をご紹介するのは自然だな。と、なんとも身勝手且つ驚異的切換えの早さですが、あまり露骨にならない程度にやりますので、よろしくお願いします。

さて、本日は現在、コンサート系の映像さんにお使いいただいているDVI(HDMI)の光ファイバーによる延長装置です。2系統のDVIを1080Pであれば400mまでの延長が可能です。この製品、昨年の新製品として、ご紹介したのですが、その後はあまり宣伝やデモをしないまま年を越してしまいました。
仕組みとしては、CWDM というマルチ波長の仕組みを利用していて、2コアのケーブルを使うことで、2系統のDVI又はHDMIの映像を伝送することが可能です。

ケーブルはもちろんファイバーフォックスを使用しており、水没しても大丈夫なEBCコネクターにより、複数のケーブルをジョイントして延長距離を延ばす事が可能です。このケーブル同士をジョイントして延長できるのがおすすめポイントです。それはつまり、現場の規模に合わせてケーブルの長さを調整できるということです。イベント関連のお仕事の方にはぴったりだと思います。




プロフィール

mrt_usami

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ