Luminex製のDMXノードと呼ばれる製品は、複数のアートネットストリームをマージすることができる。 つまり複数のDMXユニバースをミックスできるのである。それはHTPでもLTPでも可能であり、これはまたどちらかのソースを優先として切り替えることが可能である。つまりDMXのスイッチとでも言うべき機能があります。  最近、注目されるsACNプロトコルにも、これに似たプライオリティー機能があります。ネットワーク上に入る段階で、個々のユニバースにプライオリティーをつけることで、その数値により、どちらのストリームを優先するかを決められるというもの。つまりは、DMXユニバースの切換えが自動で行えるということになる。  DMXノードは今やいろいろ多機能な時代に入っており、DMXとイーサネットプロトコルのゲートウェイという機能にはとどまらないのである。そこで、私は以前、これらの機能をサードパーティー製品であるルミネアーというiPhoneソフトを使う方法で案内したつもりだったが、そのブログ記事で、ノードの使い方がおかしいという指摘をいただいた。 iPhoneとiPadで照明チェック  しかし、その指摘の意味がわからいので、ここでノードの定義について、書いておこうと思う。 そもそも、ネットワークの世界でノードというと、接続ポイントとなる機器をさす。例えばL2スイッチや、ホストコンピューターなどもノードである。この接続点としてのノードという言葉と、ステージ産業におけるDMXノードが同じ言葉なのに、意味が異なる点で混乱が生じるのだろうか?  ステージ産業におけるDMXノードは、DMXのゲートウェイとしてのノードということになる。それは双方向の変換という意味。DMXをネットワークに入れる為の装置、又は出力するための装置です。  指摘を受けたブログ記事は、そういうシンプルな使い方だけでなく、このノードで複数のネットワークストリームをマージすることができるのだから、iPhoneのようなソフトを活用すると、コンソールからでもiPhoneからでもDMX機器を制御できるので、便利ではないか?という提案だった。文面を読んでもノードで何かを制御しようなどとは書いていない。あくまでマージのシステムが組めるよと書いているのである。さて、何がおかしいのだろう?