02d40308.jpg  頑にロックボードのスタイルを守り続けていたAvolitesもとうとう2面タッチスクリーンのSapphaire Touchをリリースした。すでにオペレーターでもなくデザイナーでもない私が照明さんのツールについてあれこれ言うことをお許しいただくなら、結局はロックボードのスタイルはWholehogの時代に終わっていたのだろう。 このサファイヤの後継機は、タッチパネルの画面全体が起き上がるタイプで、Hog3と同じと言えば理解されると思う。タッチスクリーンにはメディアサーバーのサムネイルや、パレットグループなどが表示され、上のフェーダーも下のフェーダーもキューフェーダーとして利用できる。フェーダーはすべてモーターフェーダーである。フェーダーを叩いてビートを刻み、タイムを入力するという方法はユニークだと思う。 簡単な言葉でこれを表すなら、全体的にHogやMAとおんなじスタイルになったという印象。 トラックボールはXYコントロール、その周りのダイヤルでズームやフォーカスがコントロール可能。出力はアートネットのほか、8個の物理DMXポートがある。