2b015aee.jpg  












 数日前には無理。と思っていたフローティングビジョンですが、ウインドウズPCにつないでサブディスプレイにし、カタリストで作成した3Dジオメトリーの映像をキャプチャーして、これをクイックタイムで連続再生するということで、展示決定です。(ブレまくってますね。まるで今の与党みたい?)

 明日から2日間、光和さんの展示会でカタリストのそばにこの浮遊する映像装置を置いてあります。是非ご覧ください。 ちなみに、この小さな装置自体をどうこう言うつもりはないです。この液晶面の前にレンズを取り付けて、数センチ先で焦点を結んだその技術に拍手なのです。

 きっとこれは基礎技術になると思うのです。パイオニアさんは、やたらにこのFv-01の販売とか、この小さな装置でよりよい演出をとか言いますが、これは紹介用のサンプルだと思います。最終的には目黒にあるその他の装置を見れば、この技術の応用範囲がいかに広く、これは基礎技術で、その先にビジネスがあることがわかる。 残念ながら、うちはまったく商売につながりませんが、ただ心からこの技術を作った方々に賛辞を送りたい。ブラボー