770bd4b2.png









 今日ベルギーから荷物が出荷され、楽しみにしているFiberFoxのケーブルがまもなく到着します。
来週にはレンズテクノロジーを使用したファイバーケーブルを堪能できそうです。

 これはツアーマーケット向けのタフケーブルで、IPパケットデータを伝送するためのケーブルです。まあ、つまりうちではDMXということですね。しかし、ケーブルのラインナップとしては2コア以外にも4コアもあるので、マルチチャンネルが必用な場合や、映像のファイバー伝送に使うためのコネクターもあるので、これは使えます。

  今、照明用のDMXはようやくイーサネット化がはじまったばかりですが、近いうちにファイバーがバックボーンの常識になると思う。そしてまた、映像で、DVIなどのデジタル信号を遠くに伝送する場合など、おなじくファイバーケーブルが劣化が少ないためにスタンダードになると思う。ステージのようにノイズの多い場所は、ファイバーのほうが適合していると思うのです。まあ、これもまた時間がかかるので、数年待たなければならないのかもしれませんが、今年はその元年になりそうですね。