26日に剣プロダクションサービスさんのETCコンソールセミナーがあります。 ETCセミナー及びコンソールの展示会  

 このセミナーではETCの新しいスタンダードコンソール,エレメントの詳細な解説が行われますが、その展示スペースには、各種のコントローラーが置かれます。弊社は、ここにCongoJrとともにカタリストを展示し、Congoの操作性がいかにカタリストにとって有効なものかを解説したいと思っています。

 徹底してカスタマイズが有効なこのコンソールは、照明ではまず、あり得ないカラーパラメーターカテゴリーをも自由に変更可能で、このカスタマイズの自由度は、まさに使う側の勝手で使いやすいスタイルを構築可能でした。もちろんパーフェクトだとは言いませんが、大きさや価格帯などを鑑みて、悪くない選択だと思います。

 照明さんの目線で見ると、非常に常識を逸脱したスタイルですから、照明コンソールとして導入するのに躊躇する理由もわからないではないですが、頭を柔軟にすると、ロックボードスタイルの即興性の要素が理解できるはずです。 (5年くらいこれ言ってるので、照明さんには、もう無理なのかも。。)

 しかしながら、すでにこれを使っている映像会社があり、現場で活躍している事実は、いかに簡単で導入しやすいか?ということを証明しているように思います。私も現場から離れて、もうかなり経つので、ボードオペレータ-としては終わっているのですが、このコントローラーを使ってカタリストをコントロールすることでは、他のボードよりも扱いやすいと感じています。

 もちろんこれは、カスタマイズの効果ですが。。  他の照明コンソールは、あたりまえですが、照明的です。それがメディアサーバーによいかどうか?という点では、 正直なところ ??です。トラッキングスタイルがいいかどうかも正直なところ、私は懐疑的です。

 複数のキューに対して同時変更ができれば、それでいいのかもという気がしてます。(Compuliteのような) MAやHogは照明コンソールとしてよい製品だと思いますが、必ずしもそれがメディアサーバーによいとは言えないと思うのです。その機能のほとんどは照明の為に作られた機能だと思うのですが。。

 なぜ誰も疑いを持たないのだろう。。 確かにCongoも照明卓なのですが、その特徴があまりにこれまでの常識から逸脱する故に、かえってカタリストにとっては都合がよかったと思ってます。  

 逆に照明卓を使わないという選択はどうか?という問いには、時間的制約がなく、演出シーンの自由自在なプレイバックを求めないのであれば、OKだと思う。短時間で修正して再生するとか、細かいタイム指定、ブラインド修正しながらプレイバックといった即興性に関して照明卓は長い歴史の中でよく練られた装置だと思う。また、パレットを使ったデータの参照とか、以前に使用したシーンのデータコピーのような操作に関しても、カタリストをコントロールする上で有効に作用している。