Show Technology2

トータルショーコントロール/(株)Mileruntechのブログ

誰も気づかない時代の変化

これまでの常識や価値観などスタンダードだったものが新しい変化の波にのまれ、時代が切り替わる瞬間というのは、歓声もなくただ静かに、誰にも気づかれることなく起こるものだ。ファンファーレは鳴らない。

  今、ステージ業界だけにとどまらず、非常に広範な領域で、トータルなビジュアルディレクションが、重要なものになっているのは、きっと誰もが認識しているだろう。そして各分野の人たちは、照明的とか映像的というような形容詞でもって、すでに感じているはずの現実をそれぞれの分野へ押しとどめるような言い方をする。 しかし、やはり現実はもっと激しいものだと思う。

 照明演出に映像はすでになくてはならないものになりはじめ、照明効果と映像効果が強い結びつきを持ち始めていることも実は、多くの人が認識しているのである。BarcoがHighendを買収したのは、単なる話題作りではないと思う。映像演出と照明演出の融合は、この先に具体化していくのだという認識によるものだと思う。  

 私が、愛知万博の頃、とてつもなく大きな危機感を感じたのは、ビジュアルディレクションのスタイルがまったく新しいものへと切り替わったような錯覚を感じたからだが、当時からメディアサーバーとか、ムービングプロジェクターといったものはあったし、それが劇的というほど劇的だったかというとそういうわけでもない。しかし、新しい波が来ているなという実感があった。それがデジタルライティングではなく、もっと大きな何か、そういう漠然としたものをイメージしていたのだが、メディアサーバーの可能性は、構造を変える破壊的なエレメントだなという危機感だけははっきりしていた。
 ( 照明と映像のはざま2 )

  当時のカタリストは、これで本気で映像を扱うつもりか?という程度だったから、MACとカタリストを本気で信用したわけではなかった。ただコンピューターテクノロジーの破壊的イノベーションというやつだけは知っていたから、いつか何かが起こると感じていたし、それがとても広範囲で動き出すことも理解できていた。しかしながらそれがいつかは、誰にもわからなかった。。。

 プロジェクターの進化は、必ず新しいムーブメントを起こし、これは照明にも大きな影響を与える。LEDの時代からプロジェクションの時代へと必ず時代は動く。それはきっと3次元的なもの。 最近、話をした映像さんの意見を聞いていて、間違いないと自分の想像を評価できた。ただ、私の場合、照明にもその想像が膨らむことが1つの違い。。。

雑誌の対談

つい最近、音響映像関連を扱う雑誌の記事で、音響コンサルタントの方とネットワークに関しての対談をしました。「おまえが一般の紙面に顔出すの?」と言われそうですが、そうなりました。恐縮です。

 これまで、わりと限定的な範囲で公開される協会雑誌とか、そういうところでは写真とかでてましたが、こういう一般の書店で販売するような音響の本に対談形式で顔を出すのははじめてです。対談相手となった三村さんという方は、すでに有名なコンサルタントの方で、キャリアもすばらしい方でしたので、かなり気後れしてしまいましたが、ステージ業界に貢献したいという熱意は同じ温度だと思ってます。

 そういえば、自分でプロフィールなどを語りながら、思ったのは、今のマイルランテックのコンセプトは、コンピューターを活用したイノベーション技術を業界の方に紹介するとか、それを使ってエンジニアの方々を助けたいとか、そういう裏方の裏方という方向性にあり、扱う製品もやや変った製品が多いです。簡単に言うと商売が難しい製品という分類です。

今回の対談で過去の話とか、今の思いとかを話しながら、なぜ自分が今の仕事を選んだのか?の答えが自分なりに見えてきて、それが、自分の一番スキなことなんだなと思いました。  

 感動というと大げさですが、要はすごい!と思えたことを自分で突き詰めて、これを人に紹介するとか、そういう情報を皆で共有するのが自分は楽しいということに気づきます。GrandMAを人に教えるとか、Spark4Dを人に教える仕事をしたときに気づきましたね。そして、それを追いかけた結果、今はコンピューターの驚異的な進化に伴う照明機器の変化とか、映像業界の変化に興味がある。

 たぶん、自分はこれを追いかけ続けるんだろう。皮肉にもメインフレームのOS開発に関わっていた二十歳の頃、二度とコンピューターはごめんだと思ったそのコンピューターにどっぷりつかりながら働く、20年後の自分がいる。

引っ越し中です

ただいま、事務所の引っ越し中です。土日を利用して家具等の設置をしてから、倉庫の機材をあらかた移転完了しました。まだ雑然とした感じですが、2月3日には、事務所機能を完全に移転完了し、気持ちも新たに4日から、新しいマイルランテックをスタートさせたいと思います。  

 今回のオフィス移転は、プロジェクターなどを置いて、カタリストの具体的な使用方法の解説や実験ができるようにしたいという思いと、また機材の出し入れを簡単にしたかった。(これがとても重要なんです)

 これに加え、Luminex製品も実際の負荷を接続してテストする環境が構築できるし、メンテナンス用のデスクを用意して、修理やテストも、これまでよりも楽に行えそうです。  

 今、自分は販売業というよりサービス業という意識で仕事しています。オフィス環境を整えるのは、製品を支持してくださる方々への対応強化という感じです。これからもがんばります。一歩一歩、牛歩かもしれませんが、自分にできることを1つ1つ重ねていくつもりです。今後ともよろしくお願いします。

ipadではじまるスマートモバイルの時代

7d40854b.jpg  
















 とうとうでましたねipad.. 新しいスタイルのノートPCをアップルが出すと言われ続け、ようやくそれが実現したわけです。 ニュースを見る限りは,まあなんとなく予想通りというか。タッチスクリーンのデバイスという点で、そりゃそうだ。という感想ですが、ずっと昔、タブレットPCが出る直前には、こういうスタイリッシュなコンピューターの時代を誰もがイメージしていたわけで、ようやく多くの人のイメージに合致したデバイスが完成したという意味では、長かったなあという思いもあり、同時にさすがアップルと言うしかないですよね。  

 これでコンシューマーのコンピューター環境は劇的に変化しますね。電子書籍なんかも普及するだろうし、ウェブブラウズの世界もこういうスマートコンピューターによって大きく開かれるというか、モバイルがあたりまえになることで、ウェブの使い方も劇的に変るように思います。

光ファイバーケーブルのドラム

cdaab658.jpg  












 お待たせしました光ファイバーのケーブルドラムです。(ステージ向けです) ツアー系の照明さんにみてもらいたく、仕入れてみました。

 150mのケーブルで末端はオリジナルのコネクターがついてます。このケーブルはなかなかいいですよ。150mですが、えらく軽いし、扱いやすい柔らかさです。しかしながら、決してやわなものではないです。 今、断然おすすめのケーブルです。

 ということで、弊社での取り扱い開始です。 それぞれの末端では、この専用のコネクターからLCやSCコネクターへの変換があり、1Uのラックパネルが用意されます。そこからSCコネクターなどをSRS等に接続できます。ケーブルの長さは、用途に合わせ指定することができます。150mの他、100m、200m、250mなどいろいろあります。


プロフィール

mrt_usami

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ