Show Technology2

トータルショーコントロール/(株)Mileruntechのブログ

LEDの時代

congowithLED

 つい先日、まさか照明機材をテストする機会に出会うとは、思ってもいないことでしたが、ご縁があって久しぶりに照明機材をパッチして、デバイスデータを作り、さまざまなLEDをテストしました。卓をつかって照明機材を制御したのは何年ぶりだろう。。

最近のLEDは以前よりもカーブがきれいになったんだなという印象とまた、色のまざりもきれいな印象で、ずいぶんと進化したんだなあと一般の人みたいな感想しか出てこないのはお恥ずかしい限りですが、個々のメーカー名をだして言及することはしたくないので、おおざっぱな表現で説明します。

個人的にはRGBのつぶが分離しているものよりは、1チップのトライカラーになったタイプのほうが見た目にきれいだし、今時な印象です。カラーはやっぱりRGBWのように4色ないしはAを加えて5色あるほうが断然きれいな色が出ますね。昔、5色のLEDが普通になると、コントローラーのカラーピッカーも進化してサチュレーションにWやAを加えて薄い色を作るときに自動的にミックスしてほしいと思いましたが、そういう機能を搭載した卓は、自社製品に7色のLEDをもつ企業のみで、他は追従せずですね。その代りFixtureのカラーパラメーター内にLEEカラーの番号で分類されたミックスカラーがあって、1つのパラメーターを操作するだけで、好みの色が出てくるようです。(ムービングライトのような高価な機材の場合です)

そのムービングライトの最新機材の中に、レンズ面の色とビームが異なるカラーになる製品がありましたが、これはとてもおもしろいです。バックライトとなるカラーと照射されるビームカラーを異なるカラーで見せることができるというアイデアは、最初はあまり期待してなかったものの、正直、かっこいいなと思いました。調光カーブもきれいで見せライトとしてみてもすごくきれい。

また、同様に新しい機材で、ゾーンエフェクトと呼ばれる外周から内に向かって複数のエリアに分離して制御のできる機材もかっこいいです。外周のリングがブルーで中心のビームに赤のような印象の光が出てます(Washなんでそんなうまくいかないですが、絞ればそれなりに)レンズ面のきれいな色彩は、これもオーディエンスに見せるときれいだろうなという印象で、しかしいろいろ考えるもんだと感心します。

ムービングライト以外では、大阪方面から出てきて全国区で売れているという全天候型のLEDPARとか、BAR型のLEDなど、一般照明器具のLED版も数多くあり、何を選択しても今はLEDになるんでしょうね。これだけの機材をうちの事務所で一斉テストしてブレーカーも落ちないのだから、やはりLEDは電力面でも魅力的。Washライトは間違いなくLEDにリプレイスする時代ですね。今から選ぶならRGB+W or AのRGBプラスアルファの製品がおすすめです。ただ製品によってまた、購入時期によってLED素子のばらつきがあるそうなので、計画的な購入が必要のようです。勉強になりました。





Catalystの販売代理店方式への転換

これまでCatalystソフトウェアについては、当社からのダイレクト販売のみで、対応して参りましたが、今年からは、特定の企業様にご協力をいただき、販売チャンネルをいくつかのルートに固定化しようと考えています。これはCatalystに限らず、Medialon製品やConnex社のファイバーケーブルなども同様に検討しています。

(Luminex製品については、すでに特定チャンネルでの販売を行っておりますが。。)

マイルランテックでは、海外の優れた商品のご紹介も1つのビジネスにしておりますが、元々、そうした輸入販売のみを主業務とするつもりはなく、またこうした製品の販売業務に関しては、当社の力不足もあり、あまり多くのユーザー様にリーチできているとは言いがたく、こうした点をふまえると、それぞれの分野で、より多くの企業様と協業させていただいたほうが、結果的にエンドユーザーの方々の利益にもなると考えるようになりました。そこで、当社製品をより多くの方々に使っていただくためにも、数多くの販路を持ち、当社製品に魅力を感じていただける企業さまと共に、販売業務を展開しようと思う次第です。

今後は各方面で、いろいろなお願いを申し上げるかもしれませんが、何卒、よろしくお願い申し上げます。また、これまで以上に多くの方々に当社製品をお届けできるよう、今後も販売努力を続けて参りますので、何卒よろしくお願いします。

LumenRadio製品の技術基準認証取得

長い長いトンネルが続きましたが、ようやく認証がおりたとの電話をもらいました。
ワイヤレス製品の販売というのは、本当に大変な手間がかかります。しかし、本当によい製品を多くの方々にご提供したいという思いは強く、この製品については、なんとかして販売したいと思いました。
そして、ようやくその認証がおりたわけです。

CRMXのテクノロジーについては、こちらのページをご覧下さい。


これにより、今月からご注文受付が可能になるとともに、お貸し出しも可能になりました。デモ機材を数台ご用意しておりますので、テストしてみたいと言うご要望があれば、ご連絡ください。

RDMはやはり便利だと思う

RDM1

 今日、ある機材でRDMのテストをした。使用したRDMモニターはLuminetMonitorV2だ。
もうずいぶん長い間、照明世界でRDMの噂は続いているものの、「未だに普及しないじゃないか」とか、「RDMって必要なの」?といった意見も聞かれるし、「ネットワーク環境が整ったら普及するんじゃないか」といった声もあるけれども、やはり周りでみかけることもなく、多くの人がRDMそのものに、必要性を感じない気持ちもわからないではない。しかし実際に触れると便利なものは便利と言うほかない。

さて、確かに周りに使ってる人も見ないし外国勢も使っているように見えないRDMだが、これにはユーザーがRDM未対応の機材を数多く保有して運用している現状があるし、キラーアプリとなるコントローラーソフトもないのが主な要因であって、PLASA(ESTA) やメーカーサイドに否定的な話はない。RDM搭載機材が普及すれば、皆、使うことになるだろう。

RDMはオペレーターやデザイナー向けの機能ではなく、フィクスチャー管理のための仕組みであって、テクニシャンサイドに大きなメリットがある。だから余計に日本国内では受けが悪いのだろう。また、RDMで得られる情報が果たして重要なものかどうか?と言われれば、ツアーを生業とする人からすると、それもさほど必要ではないかもしれない。しかし、メインコンソールがプログラム中でも、またオペレーターがいない場合でも、コンソールに触れることなく、PCからフィクスチャーのランプチェックや動作テストができるのは、やはり便利だと思う。プログラマーやオペレーターから一時的にコントロール権を奪取して、目的のフィクスチャーをチェックできる機能は、テクニシャンやシステムエンジニアにとっては強力なツールと言えるだろう。

また、LuminetモニターV2のようなツールを使えば、常設の設備などでフィクスチャーの状態監視ができるし、その情報をメールに添付して定期的に送る事もできる。まさに管理ツールである。こうした仕組みが、特別なシステムでなく、RDMに対応さえしていれば、どんな機材の管理もできるのが、RDMの良さである。それでも普及しない?いや、使わないだけで、すでに多くのフィクスチャーには搭載されてきますよ。その時、それを積極的に使うか使わないかだけで、普及していないように見えて、そのうちありふれたものになるだろう。

先に書いた通り、この仕組みはあくまでシステム屋さん向けの機能であって、多くの人にはあまり興味のわかないものになるのかもしれませんが、パッチを後から行えるとか、Fixtureの設定とテストなどを1台のPCで管理できるとなると、LED機材が増えて、どんどんインテリジェントフィクスチャーだらけになる劇場やコンサートステージでの仕込み時間短縮とか、問題解決の時間短縮などに、大きな効果を与えるだろうと想像するに、管理職の人からすると、導入することのメリットは大きいと感じられるのではないでしょうか?





最新のCongoJrをチェック

 最近、照明コンソールについて、やや疎くなってきた私ですが、CatalystコントローラーとしてCongoJrは変わらず販売しています。そして今もまだこのコンソール以上に簡単なコントローラーは見つけていません。(映像さん向けという意味。照明さんは、何を使っても大丈夫でしょうけど)

とは言うものの、ボードオペレーターとしての能力は劣化し続けているので、コンゴのプログラミングスキルも最低レベルにあると思います。つい最近、ある照明企業さまの機材倉庫でデモをしたばかりですが、指がフェイスパネル上を何度も彷徨います。時々見るある映像会社さんのオペレーターの女の子の早さに、目を奪われることもしばしば。。続けていないとスキルは保持できないということです。
(次世代のコントローラーはもっと簡単になってほしいです)

 さて、そんな中、新しい受注があり、最新のCongoJrをチェックする機会がありました。新しいCongoJrでは、これまで必要だった2又のDVIケーブルがなくなり、直接コンソールにDVIケーブルを2本挿せるようになったため、セットアップが少しだけ楽になりました。これは中のボードがまったく新しいものになったが故でしょうが、もちろんそのおかげで、動作もかなり軽快です。ソフトウェアはVer6.1.1となり、これまで私が使ってきたVer6.0.4から少し進化しました。私の場合、心配性なこともあり、使い倒して安定したVerでないと受け入れていないので、うちから出荷するCongoJrについては、しばらく止まってました。幸いにもVer6.1.1については、一部の不具合を残して、それ以外に問題はないように思います。

この卓、決してメジャーなコントローラーではありませんが、他の照明的なコントローラーよりは、初めての人が入りやすいはずだと確信しています。しかし、このコンゴスタイルというかAVABスタイル(スウェーデン)は、あまりに独特なので、この先にもしAVABスタイルが消滅してしまったら、コンゴに馴れてしまった人が、照明コントローラーに移るのは大変なのだろうかと心配したりもします。今のところ、世界中にいるAVAB愛好家のために、AVABスタイルは、この先も継承されると聞いていますので、安心はしていますが、こうしたコントローラーの概念とか操作スタイルって習得するのは、本当に大変ですね。






プロフィール

mrt_usami

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ