Show Technology2

トータルショーコントロール/(株)Mileruntechのブログ

6出力は、MACPRO 1台でいけるのか?

6panelCatalyst

 最近、よくある相談に、6面のプロジェクター映像送出とか、9面の出力を行いたいが、MACは何台でいけるのか?といったことがあります。

 当然ながら1台のMACで、できるだけ多くの映像を出力できれば、コストは抑えられるわけで、多くの人が、マトロックスのTH2Gを2個つないで6面の出力をしたいと言うわけです。しかし、TH2Gは魔法の箱ではなく、3840×1024という巨大なモニターがそこにあるよとMACに教えてるに過ぎなくて、実際の画面描画はすべてグラフィックカードでまかなうわけだから、TH2Gを2つつなぐと、MACは7680×1024の巨大な画面を描画することとなり、それは相当な負荷であろうと想像するわけです。

そして、結局どうなるか不安だから、納品する側としては、ついMACを増やした方が安全ですよ。と言いたくなる。というのが私の立場だったりします。。しかしそれでもやりたいというお声をいただき、ましてやそのお客さんは、Congoというリモートコントローラーをお持ちなわけだからCatalystの制御画面は必要ないとなると、6面出力やりたくもなりますよね。わかります。

ということで、長い前置きでしたが、MACPROで完璧に6出力は、できるのか?できないのか?と、それを検証するとともに、機材納品をしてきたのが本日のお話。

MACのスペックとグラフィックカード

標準的なMAC Pro 8Core 2010 mid 
グラフィックカードはQuadro4000 for MAC
TH2G デジタル版を2個と4:3のモニターを6個用意して、検証開始です。


Quadro4000を選んだ理由には、MACPro標準のATI5770 & 5870で、Th2Gを使うと画面が崩れて、何度かUSBを抜き差ししないと認識しないとか、外国の人が言うマルチ出力は、よくないと言ったネガティブな意見があったためで、しかも相当なパフォーマンスが必要だという認識から、これ以外には考えられなかった。(5870で6出力してる人もいますが、自信がなかった)

 Quadoro4000forMACは、DVIポートとディスプレイポートがついてます。このディスプレイポートはMACでよく見るミニディスプレイポートではなくフルサイズのDPです。
ただ箱の中には、DisplayPort>DVIのケーブルと、ディスプレイポート>ミニの変換もついてます。
(このDP>miniDPの変換は市販されてないですね。普通の量販店では)

最初は付属のディスプレイポート>DVIの変換を使って、TH2Gをつないだのですが、これだと最初、うまく認識せず、マトロックスのコントロールパネルから解像度設定を操作しているうちに、認識するようになりますが、DVIポートが3840×1024までの解像度が選択可能なのに、ディスプレイポートからの出力画面では、なぜか2400×600までしか選択がありません。あれこれ設定をしてもダメなものはダメ。

そこで、DualLinkのDVIが必要なんだろうなと仮説をたて、ディスプレイポートからDualLInkのDVIという変換を探すも、まったく見つからないため、仕方なく1万2千円もするAppleで販売しているDualLinkアダプターという製品を購入する。これはミニディスプレイポートのタイプなので、Quadroに付属するディスプレイポートからミニディスプレイポートへの変換を利用して接続する。

 最初、画面が崩れて正常に描画しないので、USBを抜き差し(このDualLinkアダプターはUSBのバスパワーを利用する変換ボックス)して認識させると、2400×600で正常に表示するようになる。一度認識すると、次回からちゃんと2400×600で立ち上がってきます。しかし、DVIポートのTH2Gだと3840×1024の解像度選択があるのに、ディスプレイポートのほうは、DualLinkアダプターを利用しているにも関わらず、2400×600の固定である。それ以上の解像度が表示されない。

なかば諦めかけていた頃、マトロックスのアイコンをクリックして表示するいつものコントロール画面ではなく、ChangeDisplayを選ぶとダイアログが表示され、2400×600と3840×1024の選択ができるため、3840×1024を選択すると、ディスプレイポートの出力画面も3840までの選択が可能となった。

それ以降はスムーズです。起動しなおしても、3840×1024の2画面できっちり動作しています。やはりDualLinkアダプター(アップルで購入する)がないと、ディスプレイポートの出力は3840 × 1024の最大解像度が設定できないらしい。そしてその認識にはマトロックスアイコン(MACの上部タブに表示されている)をクリックして出てくるメニューからチェンジディスプレイを選び、解像度を設定、一度設定したら、次回からMACは3840×1024の2画面を正常に表示して起動してきます。

Catalystを利用して、サブミックス6個をそれぞれ、オフセット−5, -3, -1 +1. +3, +5に設定すると1280×1024の画面が6つ横につながり、巨大な画面が構築できました。映像を再生したり、横にスクロールしてみたりしても問題はなく、ズレや乱れもありません。映像の再生もなめらかな感じです。
こうして本日のテストでは、MACPRO 8Coreで6面出力は問題なくできるという答えが出た訳です。
必要なものはDualLinkアダプターである。個々の出力の最大解像度は1280×1024、設定変更はマトロックスのメニューからチェンジディスプレイを選択して解像度を指定する。

今回、利用したカードはQuadro4000というもので、DVIとDPの異なる2つのポートでしたが、今後はミニディスプレイポートが主流になるのかもしれません。そうするとTH2Gもディスプレイポートバージョンをメインに利用することになるのでしょう。DPバージョンだとすなおに3840×1024で認識するようですし、DVIは消える運命になりそうなそんな予感がします。
今日はいい勉強になりました。(そして授業料もそれなりに)





入荷したCRMX

IMG_1851

 長い間お待たせしていたルーメンレディオのCRMX及びRXを仕入れました。
技適マークの取得に苦労はしたものの、これだけ苦労すると我が子のようにかわいくなるものです。
この電波製品は、もしかすると光ファイバーのように、また投入タイミングが違うのかもしれませんが、ネットワークに対応したワイヤレスDMXというマイルランテック的にどまんなかを突いた製品を、どうしても放っておくことができませんでした。

電波製品は、その特性を理解して、うまく活用することで、良い結果が得られるのではないかと期待していますが、さすがにすべてをワイヤレスで行きましょうなどということはなく、弊社的にはネットワークシステムを補完する目的で、末端のどうしてもワイヤリングが不可能な場所などに活用して欲しいと思っています。また、最近はムービングライトのほうで、受信機を搭載した機種もあるので、活用の機会も増えるかもしれません。






投入時期が重要

先週、機材レンタルを行っている照明会社さんに、そういえば、直接お話をしたこともないし、もしかしたら光ファイバーとかその手の製品に興味があるだろうか?と想像し、デモをしたい旨を伝え、伺ったのだが、かなりするどい指摘をいただき、そこにはまったく必要がなかったような印象を受けた。

 まず第一にレンタル会社のお客さんが、照明器具は借りたとしても、光ケーブル指定でお願いしますとは言わないだろう。単に動くようにしてくれというだけである。
次に、光ケーブルを利用する現場というのは、ケーブルを延長する距離が何百メートルにも達するような現場であって、毎回そういう現場になるとは限らず、通常はCat5eのケーブルで問題ないのかもしれない。この点については、わざわざ光にメディア変換しなくても、Cat5eでも同様にイーサ化は可能だし、光にすることでメディアコンバーターまで必要になるのはコスト高になりすぎるということ。

正直、2年前にFiberFoxのケーブルを見つけた時は、心から感動し、多くの人の問題を解決できると思ったのだが、実際には、照明さんも電飾さんもすでになんらかの光ケーブルを導入済みかまたは、今回の例のようにまったく必要がないかで、残念ながらFiberFoxは投入時期を間違ったのかもしれない。本当にいいケーブルなのだが、いい製品だから売れるわけでもない。タイミングは重要なのだ。どうやら照明分野では、あまり必要がなかったようである。

しかしながら、FiberFoxはDVIエクステンダーとして、一部の映像さんの間でご好評をいただいてるので、無駄にはならなかったと思うし、また一部の照明さんにおいても、ツアー等でご利用いただき、高い評価をいただいているため、決して悪い選択ではなかったと考えてもよいのだろう。

さて、そんなわけで、今後のFiberFoxの販売チャンネルは、特定のチャンネルに固定する予定で、今のところ、照明業界向けには、富士ライト商事さんと、映像業界向けにはシーマさんを通して販売していくつもりです。(劇場等向けにはメーカーさんを通しての販売です)





基幹システムの保護について「まとめ」

久しぶりの更新です。今回は、少しネットワークの話をしてみます。
弊社は他の方々がどう思われているかは、さておき、照明信号の分配に関するネットワークシステムを提供する会社だと自負しており、機器のご提供だけでなく、自分たちの考えるシステム構築に関するアイデアや情報をご提供することも重要な役目であると感じている次第です。

そんなわけで、昨年のInterBEEにおいては、ネットワークの知識と題したチュートリアルセッションなどにも登壇させていただいたし、またこれまでにも、照明設備においては、リングプロトコルを利用した冗長化の仕組みは有効であると、解説をしてきました。(リングプロトコルの解説

この話は、特にDMX信号の基幹経路として、リングプロトコルを利用した冗長化がもっとも有効であるという論旨で、決して末端のスイッチや、特定のスイッチにぶら下がるノード等の機器までをも保護する目的ではなく、コンソール側のスイッチが2重化できる上に、経路が2重化されることで、信号経路のための予備回線を設けることができるというものです。

このシステムにおいては、各拠点での電源喪失や、トラブルによってシステム全体をダウンさせないという意図があり、ネットワークにつながるすべての装置をバックアップするようなものではないです。しかし、これまでにも、バックアップシステムを強調するがあまり、基幹システムの保護の観点を逸脱し、末端の機器にまでバックアップが効かなければ、こうした仕組みは意味がないというような誤解した論理を展開される方や、ノードの末端までリングにすべき?というような話もあり、バックアップシステムとか冗長化というと、かなり話が飛躍するものだと感じたものでした。

 リングプロトコルによる冗長化の良さは、そのリカバリー時間の早さ、システム全体の保護の有効性にあり、スイッチ個々の故障すべてに対応するものではなく、本当にすべての機器のバックアップを考慮するなら、すべての装置、ノードやムービングライトや何もかもが2台以上必要になり、事故が発生する確率に対して保護を計るためにかかるコストとのバランスは大きく崩れます。そこは皆さんご理解いただけるものと思います。

 さて、幹線の保護に最適なのは、言うまでもなくリングトポロジーの仕組みですが、経路を2重化する点では、物理トポロジーがリングのようにシンプルならば、ラピッドスパニングツリープロトコルでも同様の効果が得られるでしょう。(切り替わる速度は、やはりリングが早いですが)私はスパニングツリーの仕組みを否定しているわけではないので、切り替わり速度が高速なラピッドスパニングツリーを利用するのなら決して反対ではないのです。ただ比較するならリングプロトコルのほうがどうしても高速になりますよね?ということです。このあたりはコストとまた効果を天秤にかけてバランスをとっていただければいいのでしょう。

そして、末端のノードや機器に至る経路を2重化したいというのであれば、ノードそのものがトランクポートを持ち、リンクアグリゲーションのような仕組みで複数のイーサネットポートで受信する方法があります。ただ、ノードはそこまでは対応しておらず、現時点でこれは不可能ですが、ネットワークの技術を使えば、こうしたことは可能になるのは確かです。コストの面はさておいてですが。






Cat6の10G対応ケーブル

IMG_1835

 ステージ産業においては、たいした変化もないように見えるイーサネット関連のアイテムですが、まったく進化がないわけではなく、目立たないだけかもしれません。ちなみに写真のケーブルは、いつも使うイーサコンのケーブルではなく、10ギガ対応のCat6ケーブル(ステージ向け)の先端がハーティングのRJ45のケーブル。

 取り扱いはそれほど苦にはならないやわらかさですが、太いです。きっと長いケーブルだと、それなりの重さになるんでしょう。今回、購入したのは5mものですが、たしかに太くてシールドに包まれてる感が伝わります。10ギガになると距離もさほど延ばせないでしょうけど、その前にステージで10Gの帯域が必要かどうか?というのもあり、購入の必要は、なかったなあ〜とちょっと反省です。こういうケーブルもあります。という参考程度に考えたのですが、しばらくしてバーゲン価格で出すかもしれません。




プロフィール

mrt_usami

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ